イメージ画像

『ドレミ不動産』の記事ピックアップ!

工場や研究所で生まれ変わった
在来工法では、切込みの合わせ目の正確さに欠ける例が多い。そこで間違えたものを無理に合わせれば、必ず耐震性や耐久性の点で問題が起こってくる。切込みは、さすがに実績のある最大手だけあって、在来工法でも細かな切込みと部材の強度に気を配っている。このようなものは、技術による差が出にくいので一応安心できる。遮音性も進んできた外壁の性能。外壁のつくりは、現在の技術では、在来工法でもプレハブでもユニットでも、基本は同じである。プレハブから在来工法に参入してくる大手メーカーは、そこで培った技術をそのまま在来工法にも応用するからだ。そうすると、古典的な在来工法にはない「多重術造」の外壁が在来工法でも可能になる。そのようにして、いまでは在来工法があらゆる工法の良さを集めて成り立つ時代になりつつある。いわゆる在来工法の誌衷叩である。そういったメーカーの場合、左ページの図のように、外壁は一般的なものと違って多重椛造になっており、外のうるさい帥db程度の騒音を静かな事務室程度に抑えることが可能だ。このようにして、いままではどちらかといえば字金臼請の印象があった在来工法が、木のぬくもりはそのままに維持し、工場や研究所で生まれ変わったのである。

最新更新記事

平成26年8月20日新着!
工場や研究所で生まれ変わった
平成26年8月19日更新
手がかかるやり方
平成26年8月18日PICUP
強度を保つことができない
平成26年8月17日最新情報
木のほうが優れている
平成26年8月16日NEW
木造の家にこだわる理由

最新の不動産情報を手に入れる意味

  • 不動産業界の知られざる姿を赤裸々にします!!
  • 人生を左右する買い物だから、よりよい不動産屋さんをピックアップ!
  • 毎日記事を更新していき、常に新しい情報を提供します!
  • こつこつと毎日の記事を読むことで、不動産業界の知識を深めることができます!

このページの先頭へ